著書

心理学のための統計学シリーズ 誠信書房

1川端一光・荘島宏二郎 (2014) 心理学のための統計学入門−ココロのデータ分析−

4熊谷龍一・荘島宏二郎 (2015) 教育心理学のための統計学−テストでココロをはかる−

6尾崎幸謙・荘島宏二郎 (2014) パーソナリティ心理学のための統計学−構造方程式モデリング−

7宇佐美慧・荘島宏二郎 (2015) 発達心理学のための統計学−縦断データの分析−

9松田いづみ・荘島宏二郎 (2015) 犯罪心理学のための統計学−犯人のココロをさぐる−

植野真臣・荘島宏二郎 (2010) 朝倉書店

学習評価の新潮流

西條剛央・菅村玄二・斎藤清二ら (編著) (2007) 北大路書房

エマージェンス人間科学−理論・方法・実践とその間から

山森光陽・荘島宏二郎 (編著) (2006) ミネルヴァ書房

学力−いま,そしてこれから

分担執筆(第1著者)

荘島宏二郎 (2009) 植野真臣・永岡慶三(編) eテスティング 培風館

2章 項目反応理論,pp.23-48

荘島宏二郎 (2008) 日本心理学会(編) 心理学ワールド42 実務教育出版

統計的仮説検定から多重指標によるモデル選択へ,pp.28-29

荘島宏二郎 (2006) 渡邉和美・高村 茂・桐生正幸(編著)犯罪者プロファイリング入門 北大路書房

3-4節 犯罪者プロファイリングと統計的学習(1)pp.131-142

3-5節 犯罪者プロファイリングと統計的学習(2)pp.145-155

荘島宏二郎 (2005) 西條剛央 (編著) 構造構成的発達研究法の理論と実践 北大路書房

3章 縦断データに適した統計手法とその選択,pp.78-114

荘島宏二郎 (2003) 豊田秀樹 (編著) 共分散構造分析[疑問編] 朝倉書店

16の節を担当.それらの多くは以下の章に所収.

4章 推定とその周辺

5章 分析の良さの評価

6章 解釈の技術

荘島宏二郎 (2003) 豊田秀樹 (編著) 共分散構造分析[技術編] 朝倉書店

7 2値データのコンジョイント分析,pp.61-70

20章 主成分分析,pp.189-199

21章 分割表の解析,pp.200-209

23章 複数の項目反応モデルの母数の同時推定,pp.221-232

荘島宏二郎・室橋弘人 (2002) 豊田秀樹 (編著) 項目反応理論[事例編] 朝倉書店

6章 劣等感尺度の運用,pp.98117

分担執筆(第2著者以降)

西條剛央・清水武・荘島宏二郎 (2003) AERA Mook 新版 心理学が分かる。 Number 892003pp.10-13

心理学領域地図 まずはじめに心理学全体を一望してみよう

室橋弘人・荘島宏二郎 (2002) 豊田秀樹 (編著) 項目反応理論[事例編] 朝倉書店,pp.2039

2章 劣等感尺度の構成

その他

荘島宏二郎 (2010) 日本教育新聞 67日付2面 解説

全国学力テストの要件とは