学会発表

もしもこのページでご研究を紹介してもよい,という方がいらっしゃったらご連絡ください.

X: PPTXファイル.ZIPファイルとして表示された場合は,ダウンロード後,拡張子を.zipから.pptxに変更してください.

野口卓也・京極真(2016)第28回岡山県作業療法学会

潜在ランク理論によるポジティブ作業の評価(APO)の等化

寺岡睦・京極真(2015)第49回日本作業療法学会

作業機能障害のランク数の解明作業機能障害評価システムの開発に向けて

Sugino, N., Nakano, M., Shimizu, Y., Shojima, K., Yamakawa, K., & Ohba, H. (Aug. 2013) The 18th Pan-pacific
Association of
 Applied Linguistics (PAAL), p.H-1.

Calibration of national center test items against the common European framework of reference for languages

Presentation

Ohba, H., Yamakawa, K., Shimizu, Y., Sugino, N., & Nakano, M. (Aug. 2012) The JACET International Conference

ProceedingsThe JACET 51st International Convention.

What can Latent Rank Theory contribute to SLA research?

Proceedings

杉野直樹・荘島宏二郎・清水裕子・中野美知子・山川健一・大場浩正(20127月) 38 全国英語教育学会会

(於 愛知学院大学, pp.204-207.

大学入試センター試験「英語」で測定される英語学力の経年変化

Proceedings (J)

Presentation (J)

大場浩正 20126月) 12 日本第二言語習得学会(於 法政大学), p.25.

日本人英語学習者の関係節習得再考:「潜在ランク理論」を応用して

Proceedings

Presentation

Ohba, H., Sugino, N., Shojima, K., Yamakawa, K., Shimizu, Y., & Nakano, M. (Dec. 2011) The 2nd Combined

Conference of the ALAA-ALANZ (The Australian National University, Canberra), p.109.

Acquisition of relative clauses and wh-questions in English by Japanese speakers:

The application of the Latent Rank Theory

Proceedings

Presentation

杉野直樹・荘島宏二郎・清水裕子・大場浩正・中野美知子・山川健一 201111月) 37 日本教科教育学会

(於 沖縄大学), pp.204-207.

英語学力構造の経年変化:潜在ランク理論を用いたセンター試験受験者データの分析

Proceedings

Presentation

秋山 實・木村哲夫・荘島宏二郎 20119月) 9 日本テスト学会 (於 岡山大学), pp.146-147.

LRTモデルに基づくCATの開発とシミュレーションによる特性解析

Proceedings

Presentation

木村哲夫・永岡慶三 20119月) 9 日本テスト学会 (於 岡山大学), pp.138-141.

潜在ランク理論に基づくコンピュータアダプティブテスト

Proceedings

Presentation

Shojima, K. 20119月)日本テスト学会第9回研究例会 (於 岡山大学), pp.124-125.

Local dependence model in latent rank theory

Koyama, Y. & Kimura, T. 20119月)第50 大学英語教育学会 (於 西南学院大学)

Linking can-do statements with language tests using neural test theory

Proceedings

Presentation

秋山 實・木村哲夫・荘島宏二郎 20117月)日本言語テスト学会第34回研究例会 (於 新潟青陵大学)

NTTに基づくCATの開発とシミュレーションによる特性評価

荘島宏二郎 (20117) 日本言語テスト学会第34回研究例会 (於 新潟青陵大学)

能力記述文構築のためのテスト理論とその分析ツール

松宮 功・荘島宏二郎 (20109) 38 日本行動計量学会 ( 埼玉大学), pp.108-109.

学力テスト結果から能力記述表を作成する方法

Proceedings

Presentation

Miyamoto, M., Mori, Y., Miyazaki, A., Kubota, T., Yoneda, H., & Suzuki, K. (20108) 8 日本テスト学会

( 多摩大学), pp.106-109.

Analysis of the performance tests (OSCE) by using item response theory (IRT) and neural test theory (NTT)

Proceedings

Presentation

木村哲夫・永岡慶三 (20108) 8回 日本テスト学会 ( 多摩大学), pp.102-105.

ニューラルテスト理論による大問形式の英語読解問題のデータ分析

Proceedings

Presentation (X)

成田秀夫・荘島宏二郎・宇佐美 慧(20108月) 8 日本テスト学会(於 多摩大学)

ニューラルテスト理論を用いた大学生のジェネリックスキルを測定する試み

Proceedings

Sugino, N., Yamakawa, K., Ohba, H., Shojima, K., Shimizu, Y., & Nakano, M. (Dec. 2010) The 4th Centre for

Language Studies (CLS) International Conference (Orchard Hotel, Singapore), pp.756-765.

Developing the can-do system based on the NCUEE Test results: An application of the Neural Test Theory

Proceedings

Presentation

Nakano, M. (Aug. 2010) The 15th International Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics (PAAL)

(Hanyang Women’s University, Seoul, South Korea), pp.6-26.

Keynote Speech: Pedagogical issues and some solutions by information communication technology (ICT) and

recent testing theory (neural test theory: NTT)-A case study in world Englishes and miscommunication course

Sugino, N., Yamakawa, K., Nakano, M., Ohba, H., Shimizu, Y., & Shojima, K. (Aug. 2010) The 15th International

Conference of Pan-Pacific Assoc. of Appl. Linguistics (PAAL) (Hanyang Women’s University, Seoul)

A “rank vs. Cluster conflict: Or, is it just an artifact? (pp.418-425)

Proceedings

Presentation

Yamakawa, K., Sugino, N., Shimizu, Y., Ohba, H., & Nakano, M. (Mar. 2010) The 2010 Conference of The American

Association for Applied Linguistics (AAAL) (Atlanta, USA)

The possibility of the application of neural test theory to SLA research

Presentation

Report

木村哲夫 (20099) 13回 日本言語テスト学会 ( 北海学園大学), p.23.

言語テストにおける段階評価の実際:入試とプレイスメントテストのデータ処理

Proceedings

Presentation (X)

松宮 功・荘島宏二郎 (20099) 7 日本テスト学会(於 名古屋大学), pp.232-233.

ニューラルテスト理論を利用して作成する教科テストのCan-do table

Proceedings

Presentation (X)

7回 日本テスト学会(20099月;於 名古屋大学)

企画セッション「ニューラルテスト理論」

熊谷龍一

(新潟大学)

 橋本貴充

(大学入試センター)

荘島宏二郎

Proceedings

Presentation

(大学入試センター)

ニューラルテスト理論:資格試験のためのテスト標準化理論

pp.70-73

熊谷龍一

Proceedings

Presentation

(新潟大学)

ニューラルテスト理論におけるDIF指標の提案

pp.64-65

宇佐美

Proceedings

Presentation (X)

(東京大学・日本学術振興会)

NTTに基づく応用モデルの検討:一対比較モデルと多次元モデルを中心に

pp.68-69

木村哲夫

Proceedings

Presentation (X)

(新潟青陵大学)

NTTの実践的利用:2段階モデルによる英語プレイスメントテストの分析

pp.66-67

松宮 功・荘島宏二郎 (20098) 37 日本行動計量学会(於 大分大学), pp.58-59.

ニューラルテスト理論を利用したCan-do table作成の試み

Proceedings

Presentation (X)

Shojima, K. (July 2009) International Meeting of the Psychometric Society 2009 (Univ. of Cambridge, UK), p.112.

Neural test theory model for graded response data

Presentation

木村哲夫 (200812) 29回日本言語テスト学会研究例会in沖縄

Moodleによる英語プレイスメントテストの作成と評価-IRTNTTの視点から

Presentation (X)

50回 日本教育心理学会(200810月;於 東京学芸大学)

シンポジウム「ニューラルテスト理論:学力を段階評価するためのテスト標準化法」

 鈴木規夫

(大学入試センター)

 大久保智哉

(大学入試センター)

 荘島宏二郎

(大学入試センター)

 

 橋本貴充

(大学入試センター)

 

 熊谷龍一

(新潟大学)

指定討論

 椎名乾平

(早稲田大学)

荘島宏二郎 (20089) 72 日本心理学会 ( 北海道大学), p.L19.

小講演 ニューラルテスト理論:資格試験のためのテスト標準化理論

Presentation

Shojima, K. (20089) 72 日本心理学会 ( 北海道大学), p.446.

Model-fit indices in neural test theory

Proceedings

木村哲夫 (20089) 12回 日本言語テスト学会 ( 常磐大学), p.21

習熟度別クラス編成のための英語基礎力判定標準化テスト作成の試み

Proceedings

Presentation (X)

Shojima, K. (20089) 36回 日本行動計量学会 ( 成蹊大学), pp.179-180.

Structural neurofield mapping: Latent rank model for multivariate data

Proceedings

Presentation

橋本貴充・荘島宏二郎 (20089) 36回 日本行動計量学会 ( 成蹊大学), pp.85-86.

段階数2の場合のニューラルテスト理論による項目分析

Proceedings

Presentation

6回 日本テスト学会(20089月;於 成蹊大学)

研究セッション「ニューラルテスト理論」

荘島宏二郎

(大学入試センター)

荘島宏二郎

Proceedings

Presentation

(大学入試センター)

The batch-type neural test model: A latent rank model with the mechanism of generative topographic mapping (pp.62-65)

 

橋本貴充・荘島宏二郎

Proceedings

Presentation

(大学入試センター)

ニューラルテスト理論を用いた選抜

pp.66-69

 

荒井清佳1・橋本貴充2・荘島宏二郎2

Proceedings

Presentation

1東京工業大学,2大学入試センター)

ニューラルテストモデルにおけるテスト等化の精度について

pp.70-71

 

熊谷龍一・五島譲司・中畝菜穂子

(新潟大学)

新潟大学理数系学力測定CBTシステム開発の試み pp.72-75

 

松宮 功・荘島宏二郎

Proceedings

Presentation

(長岡第四中学校,大学入試センター)

下位テスト別潜在ランクを用いた中学生国語・数学の学力変化に関する考察 (pp.132-133)

Shojima, K. (July 2008) International Meeting of the Psychometric Society 2008 (Univ. of NH, USA), p.70.

Neural test theory: A nonparametric test theory using the mechanism of a self-organizing map

Proceedings

Presentation

教育政策データ分析研究会 (20086月;於 国立教育政策研究所)

山森光陽

 (国立教育政策研究所)

荘島宏二郎

(大学入試センター)

ニューラルテスト理論の考え方,実例と学力調査への適用

荘島宏二郎 (20085) 平成20年度全国大学入学者選抜研究連絡協議会 ( オリンピック記念青少年センター)

ニューラルテスト理論 資格試験のためのテスト理論― (pp.163-168)

Proceedings

研究会「Current Issues on Testing (20083月;於 大学入試センター)

司会者

大津起夫

(大学入試センター)

 

Brian Junker

Carnegie Mellon University

Navigating ethical and compliance issues in developing causal conclusions from randomized field trials in education: A case study

小講演

 荘島宏二郎

(大学入試センター)

Neural test theory: A nonparametric test theory using the mechanism of a self-organizing map

山川 修・荘島宏二郎 (200712) 2007年度 5 日本教育工学会研究会 ( 熊本大学), pp.223-226.

項目応答理論とニューラルテスト理論の比較研究

Proceedings

1回ワークショップ「ニューラルテスト理論」(200711月;於 大学入試センター)

司会者

大久保智哉

(大学入試センター,日本学術振興会)

発表者

荘島宏二郎

Presentation

(大学入試センター)

潜在ランク理論の必要性とその1つの方法としてのニューラルテスト理論

 

橋本貴充

Presentation

(大学入試センター)

ニューラルテスト理論分析ソフト「neutet」の特徴と使い方

 

熊谷龍一

Presentation (X)

(新潟大学)

ニューラルテスト理論を離散変数型IRTとみなしたとき項目特徴を示す指標について

指定討論

大津起夫

(大学入試センター)

Shojima, K. (20079) 23 日本教育工学会 ( 早稲田大学), pp. 645-646.

Neural test theory for rank-ordered response data

Proceedings

Presentation

荘島宏二郎 20079月) 5 日本テスト学会 ( 聖路加看護大学), pp.174-177.

ニューラルテスト理論

Proceedings

Presentation

Shojima, K. (July 2007) The International Meeting of the Psychometric Society 2007 (Tower Hall Funabori, Tokyo)

Neural test theory (p.160)

Proceedings

Presentation