論文(第1著者)

荘島宏二郎 (2014) 教育心理学年報, 53, 147-155.

仮説検定,効果量,そして適合度指標−SEMを用いた分散分析の理解−

Shojima, K. (2012) Behaviormetrika, 39, 27-48.

Asymmetric triangulation scaling: Asymmetric multidimensional scaling for visualizing inter-item

dependency structure.

Shojima, K. (2011) Japanese Journal of Applied Statistics, 40, 141-156.

Local dependence model in latent rank theory.

荘島宏二郎 (2009) 電子情報通信学会誌, 92, 1013-1016.

ニューラルテスト理論−資格試験のためのテスト標準化理論−

Shojima, K. (2009) K. Shigemasu et al. (Eds.) New Trends in Psychometrics. Universal Academy Press, Inc.

Neural test theory., pp.407-416.

Shojima, K. Otsu, T., Mayekawa, S., Taguri, M., & Yanai, H. (2007) Behaviormetrika., 34, 131-156.

Factor structure of the National Center Test 2005 by the full-information pseudo-ML method.

荘島宏二郎 (2007) 日本テスト学会誌, 3, 162-178.

自己組織化マップによる平成18年度大学入試センター試験の教科学力構造

Shojima, K. (2007) Behaviormetrika, 33(1), 1-26.

Selection of item response model by genetic algorithm.

荘島宏二郎・石塚智一・橋本貴充・大津起夫・前川眞一 (2007) 大学入試センター研究紀要, 36, 53-70.

多重指標モニタリングによる得点調整手続きの試案

荘島宏二郎・橋本貴充・大津起夫・石塚智一 (2006) 大学入試研究ジャーナル, 16, 157-163.

CATにおける項目選択ルールの履歴

荘島宏二郎・大津起夫・田栗正章 (2006) 日本テスト学会誌, 2, 76-89.

自己組織化マップと完全情報最尤法から見た平成17年度センター試験の教科学力構造(3

Shojima, K. (2005) Educational Technology Research, 28, 11-22.

A noniterative item parameter solution in each EM cycle of the continuous response model.

荘島宏二郎・吉村 宰・中畝菜穂子 (2005) 大学入試研究ジャーナル, 15, 63-66.

項目反応理論から見た大学入試センター試験『国語』『数学』『英語』の特徴

荘島宏二郎・石塚智一 (2004) 日本教育工学会論文誌, 28(4), 303-310.

共通受験者計画における潜在得点尺度と評価得点尺度の等化

荘島宏二郎・大津起夫 (2004) 行動計量学, 31, 89-106.

連続反応モデルの等化係数のEMサイクル内非反復推定

荘島宏二郎・豊田秀樹 (2004) 教育心理学研究, 52, 61-70.

テストが複数の出題形式を含むときの項目母数の推定

荘島宏二郎・清水 (2004) 発達心理学研究, 15, 101-102.

縦断データにおける欠測値に対する対処法:現在のソフトウェア状況を考慮して

Shojima, K. (2003) Behaviormetrika, 30, 155-171.

Linking tests under the continuous response model.

荘島宏二郎 (2003) 心理学研究, 73, 506-511.

実験計画のための項目反応モデル

荘島宏二郎・豊田秀樹 (2002) 心理学研究, 73, 227-233.

項目反応理論におけるCronbachα係数の推定

論文(第2著者以降)

Aotani, N., Sugino, N., Fraser, S., Koga, Y. & Shojima, K. (2016) Journal of Pan-Pacific Association of   

Applied Linguistics, 20, 95-108.

An asymmetrical network model of the Japahnese EFL learner’s mental lexicon

Sugino, N., Fraser, N., Aotani, K., Shojima, K., & Koga, Y. (2015) 英語教育学研究, 6, 21-30.

Capturing and representing asymmetries in Japanese EFL learners’ mental lexicon:

A preliminary report.

Sugino, N., Shojima, K., Ohba, H., Yamakawa, K., Shimizu, Y., & Nakano, M. (2014)

In D. Vicari et al. (Eds.), Analysis and Modeling of Complex Data in Behavioural and Social Sciences.

Springer

Changes in Japanese EFL learners’ proficiency: An application of latent rank theory. (pp.263-271)

Sugino, N., Yamakawa, K., Ohba, H., Shojima, K., Shimizu, Y., & Nakano, M. (2012)

In W. M. Chan, K. N., Chin, S. K. Bhatt, & I. Walker (Eds.),

Perspectives on Individual Characteristics and Foreign Language Education, De Gruiyter Mouton

Characterizing individual learners on an empirically-developed can-do system:

An application of latent rank theory. (pp.131-149)

Sugino, N. & Shojima, K. (2012) 英語教育学研究, 3, 21-30.

An application of latent rank theory in developing a can-do chart of Japanese EFL learners.

Sugino, N., Yamakawa, K., Ohba, H., Shojima, K., Shimizu, Y., & Nakano, M. (2012)

In W. M. Chan, K. N., Chin, S. K. Bhatt, & I. Walker (Eds.),

Perspectives on Individual Characteristics and Foreign Language Education, pp.131-149.

Characterizing individual learners on an empirically-developed can-do system:

An application of latent rank theory.

松宮 功・永砂正弘・荘島宏二郎 (2012) 日本数学教育学会誌, 94, 12-21.

項目反応理論による学力テストの経年比較−京都府中学校学力診断テストの等化−

Sugino, N. & Shojima, K. (2012) 英語教育学研究, 3, 21-30.

An application of latent rank theory in developing a can-do chart of Japanese EFL leaners.

大久保智哉・荘島宏二郎・石塚智一 (2008) 日本テスト学会, 4, 125-133.

名義カテゴリモデルによる多肢多答式項目を含むテストデータの分析

植野真臣・吉村 宰・荘島宏二郎・橋本貴充 (2007) 大学入試センター研究紀要, 36, 71-100.

大学入試センター試験「情報関係基礎」の統計分析

内田照久・杉澤武俊・椎名久美子・大津起夫・荘島宏二郎・林 篤裕・伊藤

(2007) 大学入試センター研究紀要, 36, 1-29.

リスニング・モニター試験と改良版ICプレーヤー試作機の実地検証

内田照久・大津起夫・椎名久美子・林 篤裕・伊藤 圭・荘島宏二郎・杉澤武俊

 (2006) 日本テスト学会, 2, 41-47.

個別音源方式によるリスニングテストの予行実施調査

中畝菜穂子・内田照久・荘島宏二郎 (2006) キャリア教育研究, 24, 1-10.

競争的選抜経験者における大学入試に関する公平感−得点調整事態下での検討−

大津起夫・橋本貴充・荘島宏二郎・石塚智一 (2006) 大学入試センター研究紀要, 35, 109-129.

平成16年度大学入試センター試験前期日程における志願状況と科目別得点の状況について

岡本拡子・桐生正幸・荘島,宏二郎・瀧川光治・馬場耕一郎・野口公喜・井上学(2006

高崎健康福祉大学紀要, 5, 193-199.

子どもの創造性と想像性を育む保育環境に関する基礎的研究(1)

保育教材としてのライトテーブル開発とその活用法の検討を通して

吉村 宰・荘島宏二郎・中畝菜穂子・石岡恒憲 (2005) 大学入試研究ジャーナル, 15, 51-54.

大学入試センター試験問題作成支援のための統計情報データベース(試作版)の概要

中畝菜穂子・吉村 宰・荘島宏二郎 (2005) 大学入試研究ジャーナル, 15, 55-62.

大学入試センター試験『国語』『数学』『英語』の正答率・無答率からみた特徴と作問への示唆

吉村 宰・荘島宏二郎・杉野直樹・野澤健・清水裕子・齋藤栄二・根岸雅史・岡部純子・フレイザー,サイモン

 (2005) 日本テスト学会誌, 1, 51-58.

大学入試センター試験既出問題を利用した共通受験者計画による英語学力の経年変化の調査

内田照久・中畝菜穂子・荘島宏二郎 (2005) 日本テスト学会誌, 1, 117-127.

英語リスニングテスト実施時に各種騒音が与える影響

吉村 宰・荘島宏二郎 (2004) 大学入試センター研究紀要, 33, 19-28.

本追モニター調査の結果を利用した傾向スコア加重法による本追試験間の難易度比較

河原直人・荘島宏二郎 (2004) ヒューマンサイエンス, 16, 35-40.

高齢者保健サービスにおける当事者の自律性と恩恵のあり方についての研究

清水 武・荘島宏二郎 (2003) 発達心理学研究, 14, 316-317.

経時的要因を含む分散分析に対する発達心理学者としての関わりかた:3つの分散分析モデル